FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年Linux用携帯電話データバックアップソフトは?質

2012年
Linux用携帯電話データバックアップソフトは?
質問1
Linuxパソコン用の携帯電話データバックアップ日本語ソフトはありますか?

質問2
Linuxパソコン用ソフトの紹介サイトを教えてください。

WindowsVistaを使っていますが、サポートが2012年4月で終わります。7買わずにそろそろLinuxにしたいと思ったのですが、素人には早すぎますか?
ソフト紹介サイトも個人のホームページのリンク集くらいしか見つかりません。
特に、検索サイトでLinuxパソコン用の携帯電話データバックアップソフトを探そうとしたのですが、携帯電話用OSとしてのLinuxばかりヒットしてしまいます。

携帯電話の種類と、バックアップしたい用途によって対応はちょっと変わると思います。
ただ、単純に、携快電話のようなソフトの代替を求めるのであれば、それはありません。

電話帳などの情報は、vcard形式でSDカードに保存できる機種であれば
それを、そのままメモリーカード経由でコピーすることはできます。

USB接続で、SDカードを外付けHDDやUSBメモリーのように使える機種なら
vcard形式で書きだしたファイルを、USBから読み出すこともできます。

それより高度な管理は、仕様が公開されていないことや
メーカー機種ごとに差異が大きいことなどから
Linux用ソフトとして対応することは、非常に困難で、現実的には対応されません。


スケジュールなどについては、Googleカレンダーと同期できるなら
つまりスマートフォンであれば、Googleカレンダー経由で
Linux上のソフトと同期することができます。

たとえば、Kontactはvcard形式の電話帳をインポートできますし
KorganizerはGoogleカレンダーと同期することができます。

でも、使っていないので、使い勝手、機能、安定度などについて、私は知りません。


パソコンがWindows7に対応していて
充分な性能があるのであれば、Windows7を使うことは
Linuxを使うことより簡単かもしれません。

ただし、WindowsXP、Vista、7のいずれをとっても
クリーンインストールはUbuntuなどのLinuxより面倒くさいものです。
Windows7を導入するために
デバイスドライバー集めを強いられるのであれば
Windowsを見限ったり、Windows7入りPCを買うこともアリだと思います。


それでも、Windows7導入のための手順がすべてわかるのであれば
それを選ぶのも良い方法です。

私自身は、5年以上Linuxばかり使っていますが
誰でも使えるものとは思いません。

しかし、トラブルが出なければ
なんら難しいものは無いとも思います。


そういうわけで、我が家唯一のインターネット端末といった位置づけなら
あんまりお勧めしません。理想としてはWindows7機が一台あって
予備としてのパソコンにLinuxを入れるというのであれば
試行錯誤と、最終的な断念があったとしても、試す価値はあると思います。

ただ、そのためには、自力での調査能力
書店で関連する雑誌や書籍、あるいはムックなどを
探してみたりする必要があると思います。

それら、わかりやすいように説明されているはずの記事から
充分な理解ができないのであれば、向いていないのかもしれません。


とりあえず試してみるというなら、Puppy Linuxのように
CD起動でも軽快なものが便利です。

ただし、Vista世代のPCであれば、注目度の高いUbuntuや
KNOPPIXやLinux Mintのようなものが良いかも知れません。

CDやDVDからの起動は、HDDに導入した場合に比べると
かなり遅いのですが、安易に導入すると、リスクもあります。
たとえば、Windowsが起動しなくなったり、元の状態に戻せなくなったり
HDD上のリカバリーシステムを破壊したり…などいろいろあります。

特にPCを売却することも視野に入れている場合は
Windowsのリカバリー手段が無くなることで
中古買取で大幅な査定減額があるので要注意です。
Linux用携帯電話データバックアップソ...

Extra

プロフィール

faroxe46

Author:faroxe46
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。